失敗しない不動産売却の方法と固定資産税

    
不動産売却の失敗しない方法

不動産を売却する際、大手不動産会社か地元の小規模の不動産屋さんどっちがいいの?

大手は豊富な資金力で広告を出来、売却後の保証もしっかりしています。
今回不動産手数料も値引きをしてくれるとの条件でした

地元の不動産屋さんは、資金は無いが地元の事や我々に親身になって動いてくれそうな感じがしますし、相性も良さそうな感じがします。

◎どちらに依頼すればよいのか迷っています

昔と違い、不動産広告はネットがほとんどのため、不動産会社の規模による売却の差はほとんど出ません。

逆に囲い込みと言って、大手ほど、専任物件を紹介しない(在庫としてキープするため)事実もあります。

迷っているのであれば、一般媒介にして、両方に依頼され手比較すると良いでしょう。

それで、すぐに売れるかもしれませんし、ある程度様子を見て、後日、対応の良い不動産会社に専任で任せても良いかもしれませんね。

査定ですが、これはその査定額で「売れる」と保証されたものでは全くないことを認識した方が賢明です。

(結論)ネットや新聞チラ・店頭掲示でも「売買物件」を中心にしている
業者さんを選ぶ方が良いと思われます。
くれぐれも人間関係などに目を奪われないようにし、それでもマナー・
礼儀・約束を守る―――などに留意をする業者さんをお勧めします。

★厳選した「信頼できる不動産投資会社BEST3」はコチラから★
>>信頼できる不動産投資会社BEST3の比較見積もり

瑕疵担保免責特約の不動産中古マンション売却

現在マンションの一室を売却を考えているのですが、中古マンション売却するに当たって以下の条件を満たす場合、相場価格と比べてどれくらいの価格が妥当でしょうか。

1、現状そのままの引き渡し(家具や衣服などほぼ生活してたままの状態で、
処分は相手方にしてもらう)

2、瑕疵担保免責の特約つき(こちらの知らない、知り得ない設備の故障等に売却後一切の責任を負わない)
売却の相場価格を2000万とするとどれくらいで売却するのが妥当でしょうか。

回答

1、現状そのままの引き渡し

ですが、買主さんに処分をしてもらう というのは
なかなか売れないという状況になります

理由として
●他人の物を処分するのは嫌がられることが多い
●内見をしたときに、見た目が悪い

ということです
買主さんにすればそれなりのお金を出して買うものですので
そこまでしなくても他に物件がある となりかねません

そこで、
仲介不動産会社を専属として、その会社のみで売買されるという前提で
不動産会社に整理・清掃(ひどい場合は補修)してもらう
という手があります

売却がなされたら、
その代金から清掃にかかった費用を支払う形です

2、瑕疵担保免責の特約つき

実際問題として、
一般の中古住宅では引き渡し後1~3か月程度の期限を定めることが大半で、
とくに古い物件のときには「瑕疵担保責任を負わない」とすることもあります

こちらも、依頼される不動産会社でその旨をお伝えになるとよいです

価格についてですが
相場が2000万円 というのは、
実売価格でしょうか? 売り出し価格でしょうか…?

実売価格として

1の整理にかかる費用は、先に見積もりできますので
現場を見て価格提示を受ける形になります

2については、現状で水回りなどが正常に動いていれば
100万円も下げれば売れると思われます

ただ、中古物件はめぐり合わせもあって、ご縁がなければ売れません
ご縁次第では多少高くても売れる事もありますし
その逆もしかりです

マンションは、ベランダなどからの景観でも
価格が変わることもありますので、
物件の近くの不動産会社をいくつか当られて
条件提示を受けるのがよいと思います

引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13177229428?__ysp=5LiN5YuV55Sj5aOy5Y20

不動産売却で物件相場の価格見積もり方法

不動産売却について悩んでいます

ローン完済済みのマンションで、立地は駅から5分と近く、近隣の物件の価格も値上がりしています。

高く売れるなら売るべきだと知人にアドバイスを受けました。

しかし、まずは今ならどれくらいで売れるのか調べたいのですが、物件がある近所の不動産屋に相談すべきなのでしょうか?

◎物件の相場は数社の不動産会社に見積もりを出せばわかります。

マンションを売却する場合と貸し出す場合のシュミレーションを出してもらえるよう依頼すれば、出してもらえる不動産会社もありますので、将来的にどちらが価値があるのか確かめてしてみてはいかがでしょうか。

売却するとしても所有している不動産の相場、価値を把握しておくことはとても重要ですので、見積もりを出すときは、ネットの一括見積もりサイトを活用されるとよろしいですよ。

不動産売却や相場を知るにはこちらのサイトが参考になります。私も参考にしてマンション売却の際にはとても役立ちましたので紹介します。

★厳選した「信頼できる不動産投資会社BEST3」はコチラから★
>>信頼できる不動産投資会社BEST3の比較見積もり

土地売却で家を壊して更地にしたほうがいいのか?

土地売却と固定資産税

坪単価14万、35坪ほどの土地を売るとしたら
家壊して更地にして売りにだすのと築35年の家を残したまま売りに出すのと
どちらがいいのか迷ってます。

更地にしてしまうと住居としての申請でなくなりますので即売れればいいのですが、固定資産税が6倍になる可能性があります。

年5万円の固定資産税が30万に!

35年程度であれば築35年として中古戸建として販売しましょう。
売れ行きを見ていますと土地代だけであれば反響が悪くてもいずれは売れると思います。
リフォーム済みであったりハウスメーカーなどでなければ売れないと思います。

ひとまずは仲介業者を何社か回ってアドバイスを受けるといいかもしれません。

当たり前ですが相場も自身で調べておく必要があると思います。

この辺瑕疵担保を付帯させる業者は皆無かと思いますが把握できない配管系の寿命、シロアリなどの被害(隠れたる瑕疵)なども考えられますので瑕疵担保責任は免責での契約を推奨してくれる業者さんを選定するのは大条件かと思います。

建物を解体するとその費用は坪辺り3~5万円
例えば100坪の建物があれば100×3万としても=300万の解体工事費が
発生します。
坪辺り14万で35坪と言う事は490万
そこから解体工事費と不動産仲介手数料を差し引くと残りは僅かしか手元に残らない

建物を解体してみたが土地は売れない・・と言う事ありますから
取りあえずはそのままで販売価格を下げた方が無難です。

最近では明らかに中古住宅の方が有利ですね。

一昔前は、更地にして住宅用地、また、不動産屋の買取も旺盛でしたので、更地買って建売が当たり前でした。

最近は高額物件の売れ行きが悪く、逆に中古住宅への注目が高くなっています。
国の政策としても、中古住宅流通が促進される様な制度化が進んでおり、今後、ますます中古住宅の売買が盛んになっていくでしょう。

雨漏りが無く、建物の傾きがほとんどなく、シロアリ被害が無ければ、中古住宅として販売したほうが、明らかに貴方の手取りは多くなると思いますよ。

【無料】不動産専門業者に相談するのが賢明
見積もり価格を出してもらいましょう
>>【いえーるコンシェル不動産投資版】

売れない土地の税金対策(国に土地を返還できるのか?)

売れない土地の活用、処分方法

うちの祖父母は農業をしていたため、それ用の土地を持っています。

現在は農業はしていなく、固定資産税を払うだけの価値のない土地なのですが、税金で70万払っています

地方自治体もしくは国に土地を返還という形で処分する事は可能なのか?

(回答)
地方自治体もしくは国は土地の寄付、返還などは断っています。

理由はそれらを認めれば固定資産税が取れなくなるからです。
国の財政なので・・・

これらの税金は税収の一定の部分を占めます。

◎売れない土地の活用、処分方法は
不動産会社に相談するというのが賢明でしょう

駐車場経営やコンテナボックスとしての活用などいろいろあります

無料で土地活用や利用者の紹介をしてくれますよ

★駐車場経営やコンテナボックスを経営すれば税金対策になりますし
人にその土地貸すこともできます

ビジネスのアイデアはさまざまですのでプロにお任せしてみましょう

★厳選した「信頼できる不動産投資会社BEST3」はコチラから★
>>信頼できる不動産売却比較見積もり